納品の旅・札幌 #08 [ “Teak” Herringbone Counter ]  カウンター(チーク材+鉄枠)のオーダー製作例




納品の旅・札幌 #07 [ Low Table Type1 ] に続いて

[ “Teak” Herringbone Counter ]   をご紹介いたします。

 

 




ガレージやリビング、バーカウンターとしてのご相談も多いアイテムですが

今回はダイニングカウンターとして施工させていただきました。

GANZ製スツール <Iron Stool [ Middle ]> との相性も抜群です。

 



ダブルヘリンボーンで貼り込んだチーク材(無垢)とアイアンフレームが独特の雰囲気を醸し出しています。

 

 



一枚一枚の違った個性を組み合わせてできる色味や木目のコントラストも この天板の魅力だと思います。

一切の着色無しでこの色味です。(クリアオイルフィニッシュのみ)

さらにこれから年月を重ねるごとにチーク材がもつ油分によって深みが増していきます。

 



素敵な空間で羨ましい限りです。

音楽に満たされた空間でお酒を楽しんでいる姿を想像してしまいます。

サイズや施工場所などご要望に合わせてご提案させていただきます。

ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。

“Teak” Herringbone Counter


スツールはこちらをご参考ください。

Iron Stool [Middle]


そろそろ「納品の旅・札幌」も佳境になってきました。

納品の旅・札幌 #09 へ続く