カメラのレンズをカビから守る【趣味の時間 】

 

久しぶりの「趣味の時間」ですが今回は 「カメラのレンズをカビから守る」 ということでやってみたいと思います。

梅雨はどうなってるんだか分かりませんが、毎日ジメジメするこの季節 みなさんはカメラのレンズのカビ対策ってどうしてますか?

「当然、防湿庫でしょ!?」

っていう意識の高い方がどの位いるのかわかりませんが、僕の場合そんなに沢山レンズを持ってるわけではないし置き場所の確保も微妙だし・・・っていう言い訳のもとプラスチックボックスに除湿剤という雑な保管をしてきました。。。

それでもカビたりはしなかったんですが流石にもう少しだけちゃんとしてあげようと思いたち「ドライボックス」なるものを購入してみました。

 

 



容量は27リットルのタイプで、簡単な湿度計と蓋にはパッキンも付いています。

除湿剤も付属していますが、みなさん状況によって量を調整されているようです。

これなら電源いらずで棚の中に入れてしまえば場所も取りません。
※セットしたばかりなので湿度が高いです。

 

 



ネット検索していたらこんなものが出てきたので試しに買ってみました。

カビの胞子って空気中のどこにでも飛んでるらしく条件が整えばどこでも繁殖するそうです。
湿度が低くても油断はできないみたいです。。。

ズームレンズは特に心配ですよね。
参考になるか分かりませんが一応リンクはっておきます。

キャパティ ドライボックス27L グレー

HAKUBA レンズ専用防カビ剤フレンズ KMC-62


余談ではございますが、1枚目の画像のフィルムカメラは以前お客さまから「ジャンクだからディスプレイにでも使って~」っといただいたものでして、わたくし普段はキヤノン派でございますw

以上 趣味の時間 #03「カメラのレンズをカビから守る」でした。油断されてる方、ご注意ください。。。

それでは次回をお楽しみに!